L型レンチの加工:提案と内職も引き受けました

「こんなの探してます」「こんなのがほしい!」
ものづくりの世界でのご要望はとにかく応えたい加藤機工です。

今回は、ちょっとした加工の内職もお引き受けしました。

お客様から支給されたL型レンチ。
長辺と短辺があり当然両方工具として使えます。

ただしテコの原理もあり 短辺をもち使うと締付けトルクが低下します。

お客様では出来るだけ締付をしっかりできる指示を出すために
長辺をもって作業できるように考えて欲しいとのことでした。

そこでご提案したのが以下の加工。

熱収縮チューブでペンチなどに良く使う赤色をチョイスし
パンドウイット社の収縮チューブ HSTT38-48-Q2を施工してはどうかと提案しました

お客様には気に入ってもらい 取付作業もご依頼いただきました。

総数なんと 900本!
「できません、ありません」は言いませんの当社です。
シュアー社のプラジェット PJ-208を使い
作業させていただいています

これで終了!

無事、納品出来ました。
このレンチ、なかなか使いやすそうでしょ?

「こんなのないか?」「なんとかならんか?」
ものづくりでのお困りごとは、加藤機工商事オンラインショップへ!

 

PAGETOP